天ぷらの衣に炭酸水を入れるとなぜサクサクになるのか?

天ぷら炭酸水サクサク

実際に試したことのあるかたがたにアンケートを取りました。
天ぷらの衣に炭酸水を入れて揚げた時の手順、注意、揚げた食材などを聞いてみました。
では、見てみましょう。

象印 電気フライヤー 1.0L あげあげ EFK-A10G

天ぷら粉に炭酸水を入れて衣がサクサクになった 事例

北海道 女性 momoさん 40歳台

いつもよりサクサクになりました。聞いた話で、プロも使っているワザと聞いて、試してみました。簡単で良かったです。うちは、市販の天ぷら粉に水を混ぜるだけのタイプなので、水の代わりに、炭酸水を使う形になります。注意点は普通の炭酸水でも、今は微炭酸や、強炭酸まで、ありますが、私がした所、微炭酸は、あまりはねませんでしたが、強炭酸になるとはねます。あげるものやメーカーによっても、かわるかもしれません。心配な方は、蓋を開けて炭酸を弱めた方がいいかもしれません。あげたものは、さつまいもです。

東京都 男性 s、sさん 20歳台

お水を入れるのではなくそれを炭酸水にするだけで簡単にサクサクとしたてんぷらを揚げることができますよ。まずは下準備として炭酸水を数時間前から冷蔵庫に入れてよく冷やしておくことが大切です。それから薄力粉と片栗粉もしっかり冷蔵庫で冷やしておき、それをよくふってそれに炭酸水を入れます。
これらをよく混ぜるのではなくさっと混ぜます。それに具を入れて油で揚げます。
揚げた食材はえび、いか、きす、かきあげです。

茨城県 女性 s.mさん 40歳台

結果から言うとサクサクになりました。これまでは氷水を使っていましたが、思ったほどの仕上がりにならず…炭酸水に変えてからは軽くてサクサクした天ぷらが揚げられるようになりました。衣は小麦粉、炭酸水を1:2で混ぜ、氷をいれたものを使用。先に小麦粉を入れ、あとから炭酸水を入れます。炭酸が飛びすぎないように、グルテンが出過ぎないように、混ぜすぎないように気をつけます。
山菜、春菊、アスパラ、茄子などの野菜と、鱚を揚げました。

東京 女性 マイナイさん 40歳台

サクサクになりましたが、粉と炭酸水の配分、混ぜ具合いに最初は戸惑いました。普段は、ベーキングパウダーやマヨネーズを入れて自分なりにカリッと上がるテクニックは使っていますが、炭酸水の方がカリッと感が長持ちしました。試行錯誤した上でいつもよりも粉が多めの方がよりサクサクとした衣が楽しめました。材料の水分をあらかじめとり、粉を薄くつけはたきます。その上で炭酸水を混ぜた衣をつけて普段通り揚げました。ポイントは、粉も炭酸水も混ぜる直前まで冷やしておくこと。混ぜたらすぐに揚げられるように材料に粉をつけはたくまでの作業をしておくことです。エビ、イカなどの水分の多い材料でもカリッと揚がりました。

福島県 女性 ISさん 30歳台

普通の水で揚げるよりはサクサクになったような気がします。でも揚げたての方がそれを感じ易く、時間がたつとあまり変わらないと思います。小麦粉と片栗粉に炭酸水をゆっくりと注ぎ込み、軽く混ぜます。あまり勢いよく混ぜると炭酸が抜けてしまったり、衣が溢れてしまったりするので注意が必要です。このとき、炭酸水をあらかじめ冷やしておくとサクサクになりやすいです。野菜やちくわ、鶏肉などを揚げました。

香川県 女性 コスモさん 30歳台

サクサクの衣になりました。サクサクと音がして美味しさが増します。家族みんなサクサク感の天ぷらの衣に満足しています。薄力粉100gに炭酸水200gを入れ混ぜます。食材の水分はキッチンペーパーで取ってから衣につけて揚げるとサクサク感が増します。たけのこやエビ、魚肉ソーセージ、オクラの食材を使いました。食材に水分があると火傷の原因になりますので水分をきちんと拭き取ることが必要です。

長崎県 女性 かなさん 30歳台

想像以上にサクサクになり、驚きました。いつもは揚げ方に気をつけても、べちゃっとなりがちだったのですが簡単にサクサクになり、大満足です。水のかわりに炭酸水を使用する点以外は、普通の天ぷらと同じ手順です。薄力粉、炭酸水、卵を混ぜ合わせ、水分をキッチンペーパーで拭き取った食材をからませ、高温の油であげます。食材はエビを使いました。注意点としてはカラッと揚がるよう炭酸水を少し冷やすと良いということです。

三重県 女性 あーちゃさん 30歳台

サクサクになりました。今まで何回やってもベタベタになっていてサクッとした感触が出なかったのですが炭酸水をいれると口にいれた瞬間サクッとなりました。いも、しその葉、エビ、ちくわでやってみました。水を使わず、水の分量をそのまま炭酸水に変えて揚げてみました。少し油が高温になってからいれることで短い時間で揚げるようにして、しっかりと油を切るように注意をしました。

北海道 女性 はやさらママさん 40歳台

普段天ぷらを揚げる時はべちゃっとしていましたが、炭酸水を入れるとびっくり!プロが揚げたようにサクサク。家族にも「今日の天ぷら美味しいね」と言われました。具材は行者にんにくを使いました。まずは具材を洗って水分をキッチンペーパーでしっかりきる。
いつも通りに衣を用意する際に水の代わりに炭酸水を入れて粉と混ぜる。この時混ぜすぎないように注意。具材に衣をつけて、180℃の油で揚げると…サクサクの行者にんにくの天ぷらの出来上がり。

大阪府 女性 ちゃーママ30歳台

天ぷら粉に炭酸水を入れると、衣がベトッとしないでサクサクになり、中の具材は、プリプリな感じになりました。まず、ボウルに天ぷら粉を入れて、水の分量が300cc加えて混ぜるところを、全く水を入れず、水の代わりに炭酸水300ccを加えて混ぜます。そして、あまり混ぜすぎず、きれいに粉が溶けたら、そこで混ぜるのをストップして、皮をむいた海老を入れ、それを180度の油でカラッと揚げたら出来上がりました。

広島県 女性 S.Yさはさん 20歳台

いつもの水で作った天ぷら衣よりもふんわりと空気を含んだ仕上がりとなり、膨らみが出たました。その点で油と接する表面積が拡大したためか、サクサクとした食感を通常よりも強く感じられました。私は面倒臭がりなので、薄力粉や卵などを配合することなく市販の天ぷら粉を使っています。使用した炭酸水も市販の「ウィルキンソン」です。
天ぷら粉に炭酸水を注ぐだけですが、心掛けているポイントが2つあります。
1つ目は、粉と水を混ぜすぎずダマが多少ある状態で衣として使用することです。
そして2つ目は、炭酸水を注ぎ入れたら混ぜて食材をつけ揚げるまでを手早く行うことです。これは、せっかくの炭酸が極力抜けないようにしたいからです。

兵庫県 女性 Bさん 40歳台

プロの天ぷらを想像してしまい、あのようなサクサクにはなりませんでしたが、いつもの天ぷらよりはサクサク感は出たように思いました。小麦粉を入れてとき卵を入れて、そこに炭酸水を少しずつ入れて様子を見ながら、粉っぽさがなくなるまで混ぜました。食材は竹輪とピーマン、玉葱と人参のかき揚げをあげました。この中では竹輪が1番サクサクしていたと思います。

北海道 女性 いも天さん 30歳台

いつもは揚げたてはさくさくで、時間が経つとしんなりしますが、炭酸水で試したら時間が経ってもさくさくのままでした。いつも、たまねぎと人参のかき揚げの時に炭酸水で作ります。いつもの手順で、袋の分量通りの天ぷら粉と水の代わりに炭酸水を入れて混ぜます。この時、たくさんかき混ぜない方が良いと思います。その後、たまねぎと人参も入れてさくっとかき混ぜ、少なめの油で揚げます。焦げないように、表面がカリッとしてきたら完成です。

大阪府 女性 なおみさん 30歳台

天ぷらの衣に炭酸水を入れた結果、衣がサクサクになりました。気づいたのも最近に、もった早くしていればよかったです。天ぷらの衣に炭酸水を入れた時の手順は下記の通りになります。
①天ぷら粉に水をいれてかき混ぜます。この時に、少し衣を固めにしときます。
②上げる食材の用意できたら、衣に炭酸水を入れ好みの硬さにします。
③食材を混ぜ上げます。
私が上げた食材は、ニンジン、タメネギ、ネギ、小エビなどを混ぜ、かき揚げをつくりました。

京都府 女性 松山さん 30歳台

揚げたてはもちろんサクサクでしたが、冷めたあともすぐにべちゃっとならずサクサクでした。いつもは分量通りに作っても冷めるとすぐにべちゃっとなります。市販の天ぷら粉を使い、分量通りに水を炭酸水に変えただけです。子供が手伝っていたので特に何も気にせずグルグル混ぜました。揚げる時もいつも通りです。揚げた食材は、海老、レンコン、しいたけ、なす、かぼちゃ、さつまいも、大葉、ささみ、ししとうです。

北海道 女性 trout_girlさん 30歳台

サクサクになりました。
揚げたてはもちろんですが、次の日になっても衣がベチャッとしない印象を受けました。
まず粉に氷を数個入れて、その後炭酸水を加えました。粉はあまりかき混ぜ過ぎないように注意しました。粉と炭酸水が混ざりきってない場所も残る程度。水で溶いた衣に比べ、揚げるときにハネる事が多いので、注意が必要です。エビやイカなど、魚介は特にサクサクになりました。

東京都 女性 Y.Tさん 20歳台

衣を水で溶いたときと比べて炭酸水を使った方が断然サクサクになりました。ベチャッとすることなく軽い食感になるので、揚げ物に炭酸水は欠かせません。薄力粉100gに対して200gの炭酸水で溶いて衣を作ります。あげる具材は好みで薄切りにし、キッチンペーパーなどでしっかりと水分をとってから衣をつけていきます。野菜類から先にあげて、たんぱく質の多い魚介類などを後にあげた方が仕上がりが綺麗にできます。

神奈川県 男性 じょんたさん 30歳台

普通の水でやるよりもサクサクになりました。その具体的な理由はわからないのですが、サクサクでとても食が進みます。てんぷら粉と炭酸水はあまり混ぜすぎるとおいしくなくなるので注意が必要です。180度まで温度が上がるのを待ってから具材を投入します。そして、あまり一度に大量に入れすぎないでください。温度が下がって衣がべちゃっとなってしまいます。

埼玉県 女性 STさん20歳台

普段よりはサクサクになりました。劇的に変わるかといえばそうでもないですが。冷めてしまってもベチャっとはしませんでした。最初に必要な材料を全て混ぜておき、最後に水の代わりに炭酸水を入れました。揚げる直前に入れるようにしました。食材はサツマイモ、人参、ピーマン、大葉などの野菜類と下味を漬けて置いた鶏肉でとり天を作りました。

大阪府 女性 Mさん 30歳台

言われてみれば、いつもよりサクサクだったような気もする。何も言われずに食卓に出されると、わからなかったと思う。市販の天ぷら粉を使用しました。粉を水で溶く代わりに炭酸水を使用しました。炭酸が抜けてしまわないように、衣が出来てすぐに天ぷらを揚げました。また、衣を作る際に混ぜすぎないように注意しました。食材は、えび、ピーマン、まいたけ、海苔です。

神奈川県 女性 さとさん20歳台

サクサクになりましたよ!友達から教えてもらって、炭酸水でやったことがありましたが、水を替えるだけでサクサク感が増した気がしました。炭酸水を用意し、天ぷら粉をダマにならないようにとかします。さっくりと混ざるようにして合わせて、下処理したエビを軽く衣につけます。厚くならないように軽めに絡めて、揚げ油でさっくりあげます。冷めないうちに食べて下さい。

千葉県 女性 CFさん 40歳台

水の代わりに炭酸水を入れたらサクサク揚がりました。いつもは揚げてから時間が経つとベタッとするのですが炭酸水に変えるだけでサクサクになります。小麦粉に炭酸水、卵、氷を入れてざっくり混ぜます。混ぜすぎるとベタッとした仕上がりになるので粉が残る程度にします。油を170℃〜180℃に熱しタネを入れて行きます。油はねに注意。
エビ、カボチャ、サツマイモ、レンコンを使用しました。

茨城県 女性 瓜子さん 20歳台

揚げ物が大好きな息子のお弁当用に試してみました。帰ってきた息子は開口一番に「今日の天ぷらサクサクで美味しかったよ!」
私も味見に揚げたてを食べましたが、お水で溶くよりもサクサクが実感できました。
天ぷら粉
・日清サク揚げ天ぷら粉
炭酸水
・セブンプレミアム強炭酸水
食材
・さつまいも
・かぼちゃ
・レンコン
食材は息子が好きな物を三種。どれも根菜で火が通り難いので、先にレンジで三分温め、軽く火を通しました。
キッチンペーパー等で、水気を拭き取るのを忘れずに。
天ぷら粉と炭酸水の割合は、天ぷら粉のホームページにあったレシピを参考にして
天ぷら粉大さじ3
炭酸水50cc
の割合で溶きました。
また、油との温度差があると良いとも聞いたので、炭酸水は直前まで冷蔵庫で冷やした物を使いました。
後はいつも通りに揚げました。

兵庫県 女性 あやさん20歳台

天ぷらを上手く揚げるのがとても苦手でいつもべちゃべちゃして油をたくさん吸ってしまった天ぷらを作っていましたがあるとき炭酸水を入れてみたら今までの天ぷらとは全く違うサックリした天ぷらを作ることができました!天ぷらを揚げる手順は全く変わりませんが炭酸水を使うのであまり時間をかけてしまうと炭酸が抜けてしまうことがあると思います。粉を溶くときの注意点は炭酸ですので泡がモコモコと出てきます、最初は炭酸水を入れすぎないように少しずつ入れていくのがポイントです!私は玉葱やナス、ピマーンなどの野菜を天ぷらにして食べました!ほんとにサックリ揚がって美味しかったです。

三重県 男性 ホンゴリアンさん 30歳台

普段は水で作っていましたが、もっとサクサクの食感で食べたかった為、クックパッドで検索し炭酸水を水のかわりに使用すると普段よりサクサクした食感になりました。
まずエビ、ホタテ、イカ、玉ねぎ、ウインナー等の食材を下準備して食材の水分はキッチンペーパーなどで取ってから揚げるとよりサクサクになるような気がします。
衣がもう少し厚いのが好きな方は薄力粉を少し増やしてみてください。

大阪府 女性 Y.Mさん 20歳台

少しコツは必要でしたが、天ぷらの衣に炭酸水を入れると通常の水で作る衣よりサクサクした天ぷらになりました。食材は 海老、玉ねぎ、蓮根などです。昔料亭で働いていた時に料理長に教えてもらった技ですが、まず食材はギリギリまで冷蔵庫で冷やして水分は取っておいた方がカラッと仕上がります。天ぷら粉に炭酸水を入れる時も、あまりかき混ぜず、少しダマが残るくらいがちょうど良いそうです。混ぜすぎると水分で衣がべしゃべしゃになってしまうとか……

 天ぷら粉に炭酸水を入れて衣がサクサクにならなかった事例

福島県 男性 サムさん 40歳台

特別サクサクになりません。昔ビールを入れるとサクサクになると言われましたが、その時同様にたいした違いはなかったです。炭酸水の温度によってはもう少しサクサクになるのかも。手順は一般的な天ぷらと同じです。小麦粉と少量の片栗粉によく冷やした炭酸水を混ぜて、そこにサツマイモやかぼちゃ、かき揚げのタネなどを入れて揚げていきます。注意点としては月次ですが水分を減らすことですね、多いとベチャベチャになりますし油がはねやすくなります。

千葉県 女性 M.Hさん 20歳台

あまりサクサクにはなりませんでした。いつもと変わらず。炭酸水を勢いよく入れてしまったのがダメみたいでした。えび、ナス、マイタケを揚げましたが、衣液を作る際に炭酸水を勢いよく注いでしまったのが悪かったようで炭酸が抜けてしまったようです。なので普通の天ぷらと変わらずな感じに仕上がってしまいました。優しく炭酸水を注ぐのがコツなようです。

徳島県 女性 Pさん30歳台

普段は水道水を冷やして作りますが、一度だけ炭酸水を冷やして使ったのですが、あまり違いは分かりませんでした。よくふるった小麦粉、片栗粉に、冷やしておいた炭酸水を混ぜました。炭酸水は一気に入れずに様子を見ながら入れます。食材に衣をつけ、熱した油で揚げました。食材はエビ、なす、カボチャ、れんこん、さつまいも、しいたけなどでした。

東京都 女性 RKさん 30歳台

正直、家族は誰一人気付きませんでした。手順や入れるタイミングが違ったのか、普段とあまり変わらなかったような気がします。市販の天ぷら粉に、いつもは水ですが、代わりに炭酸水を入れてみました。爆発的な発泡はなかったので普通に溶きました。普段通り氷一粒も入れました。エビ、ピーマン、しいたけ等の具材を何回かに分けて揚げました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
炭酸水の量、混ぜ加減を間違わなければ、サクサクに揚げることができるようです。
これを見たみなさん。
是非試してみてくださいね。

関連記事

おせち作るおしゃれに見せる方法

おせちを作る時におしゃれに見せるための方法

ちらし寿司盛り付け順番

ちらし寿司の盛り付けの順番はどうしてますか?

お弁当簡単早い

お弁当の簡単に早い作り方 忙しい朝でも大丈夫!

正月料理おせち以外

お正月の料理でおせち以外に何を作りますか?

魚嫌いなお子さんが魚を美味しく食べてもらうことができる料理

お弁当おかず作り置き

お弁当のおかずの作り置きしてますか?