毎日の献立を簡単に決める方法

毎日の献立を考えるのは、とても大変ですよね。
料理が苦手な私は考えるのが苦痛になる事があります。
献立をもっと楽になる決める方法がないかを経験者の方々に聞いてみました。
参考になる事例もあると思いますよ。
是非見て行ってください。



献立を決めるのに法則をきめた事例

東京都 女性 舞香さん 40代

基本的に我が家は夕食しか自宅で食べません。
それぞれが朝、昼と別の食事を摂ります。
昼に食べた献立を知らずに夕食として出してしまい同じ献立を食べることに不満が出ることもありました。
そのことから我が家では法則を決めることにしました。
魚を食べた次の日は肉。
和洋中と順番になるように献立の構成を決めました。
健康面でも調整しやすいですし、何よりも幅広く献立を考えなくて済んでいるので献立を考えるのが楽なんです。
今日は、肉で中華とローテーションでくる順番通りに作ることで家族は、昨日は魚だったから今日は肉だなといちいち夕飯の献立を連絡しておかなくても前の日の献立を思い出せば、今日の夕飯は何が出てくるのかおおよその予想がつくのをメリットに感じています。

メインの食材はあらかじめ決めておく事例

愛知県 男性 むーみんさん 20代

大体週に2回買い物に行くのですが、その際にまずはメインとなるおかずの素材(肉や魚など)を最初に決めてそこから連想するメインのおかずに合う食材を買い足していくという方法を取るようになってから毎日の献立に悩まなくなりました。
何故このような方法に辿り着いたかというと、仕事から帰ってきてから冷蔵庫を見て献立を考えるというやり方だと疲れていて考えがまとまらない事もあったので最初から決めておけば楽じゃないかと思いついたのがきっかけです。

長野県 女性 A.Yさん 30代

細かい献立までは決めないですが、ある程度曜日で月曜日は肉の日、火曜日は魚の日、今の時期だと鍋の日、など決めてしまうことです。
メインが決まったらあとは肉がメインなら副菜は野菜系、魚がメインなら煮物とかメインに近いくらいのものと自分の決まりをつくると楽かなと思います。
私は結婚して料理をするようになったのですが、独身時代料理をあまりしてこなかったせいで、献立決めるのも遅いし、料理のレパートリーも乏しいし、家にある食材でチャチャッと作るなんて無理でした。
しかし、仕事から帰宅してやる事はたくさんあって夕飯にそこまで時間を取られるのは無理でしたし、毎日何を作ればいいのかと正直かなりストレスでした。
初めは1週間分の献立を作ってそれに沿って買い物をしていたのですが、そうすると決まったものを買うだけで、その日のお買い得品などに手を出せないので結局食費がとてもかさんでしまいました。
なので、肉料理、魚料理、などの大まかなことだけを決めて買い物に行って買い物中になんとなく方向性を決めて、あとは曜日ごとに決めたメインを作ることにしました。
今日は月曜日だから肉料理だなっていうのが決まっているだけで献立を決めるのはだいぶ楽になったと感じています。

ネットの検索で献立を決める事例

山口県 女性 akさん 40代

マンネリですが、まずは一週間分の食材をまとめ買いします。私は、普段利用しているお店の特売品(肉、魚、野菜)を買います。そして、その材料で作れるものを考えます。一週間で使いきることを目標に。レシピはCOOKPADで検索することが多いです。最近ではインスタグラムで時短レシピなど多数掲載されているので、見るだけでも楽しいです。必ず作ってみたい料理が見つかりますし、みなさんのアイデアに感心してしまいます。

学校の献立を見て決める事例

長野県 女性 ちびままさん 30代

最初は、雑誌のレシピや料理の本なんかで献立を考えていたりしましたが、味の好みや好き嫌いがあると、レシピ通りには作れないので、その方法はやめました。新聞に入ったスーパーのチラシに掲載の特売品と冷蔵庫にある食材で考えたり、家族にリクエストしてもらったりです。リクエストもなくて、あまりお金を使いたくない時は、学校の献立を見て、使っていない食材でオリジナルで、作ります。時には失敗したり、多く作りすぎて冷凍に回して、アレンジしなおしたりしています。

食材を買うときにメインの献立を決める事例

愛媛県 女性 RAMさん 40代

一週間の食材を、週に1回まとめ買いをしています。買い物の時点で大体の献立を想像しながら、お肉を数種類、魚を数種類。お野菜は主菜に使うものと、副菜に使うものと何種類かづつ購入する。一番使いまわしができる豚肉は少し多めに購入する。その食材でできる献立を毎日、その日に組み立てて考えていく感じです。今日は鶏肉料理だったから、明日はお魚メインで。お魚の次の日は、今度は豚肉を使った鍋料理にしようとかって感じです。冷蔵庫にある食材をいかに全部使い切るか、という達成感を感じながら、日々、献立を決めています。漠然と一から考えるより自分には合ってる方法だと思います。

冷蔵庫にあるもので献立を決める方法

鹿児島県 女性 みこさん 30歳代

一週間で使い切るぐらいの野菜と肉、魚類を買います。
買うものは大体同じもので、どうしても気になったり食べたいものを追加します。
購入したその日の興味がわいている期間に、気になって追加した食材は使います。
あとはその日の気分で味(和食系、中華系、洋風系、エスニック系など)を決めて、冷蔵庫にあるもので何を使って作るかを決めます。
最初はネットや本、教室で習ったレシピを見ながら、食材を買ってという風にしていましたが、食材の無駄が多く出てしまっていたので、この方法に落ち着きました。

スーパーの安売り食材で献立を決める事例

山梨県 女性 ぶいたんさん 30代

スーパーマーケットに行く時間も重要な要素なのですが、一言でいえば、「安くなっている食材を手に入れること」が毎日の献立を楽に決められる方法だと思っています。なぜそう思うのかというと、スーパーマーケットの見切り品は家に帰ってすぐに調理する、または冷凍庫に入れて腐敗を防ぐことができるからです。例えば、魚を買いたいときは、内臓が取られてあるものを購入すれば、手軽に調理できるし、冷凍庫にそのまま保存ができ大変便利です。したがって、私が献立を決めることが楽にできるのは、スーパーマーケットの値下げ商品が重宝しているということが一番の方法です。

献立を決められなかった時のために冷凍食品をストックしておく事例

福岡 女性 tataさん 30打

週末に買い物に行く際、翌週食べたい物を考えながら買い物をします。そうすると翌週の献立が簡単に決まります。
また、もちろん気分も変わり食べたい物も変わると思うので、手抜きする為にも冷凍庫にいくつか冷凍餃子や冷凍コロッケ、冷静ハンバーグなどの冷凍食品をストックしておくのもオススメです。そこから、アレンジ料理をしたり、そのまま出したりなど時間や自分の気分次第で決めれるので良いと思います。共働きだと忙しいので、この様なスタイルになりました。

食材と調理方法でマトリックスを作る事例

神奈川県 女性 Benjaminさん 30代

マトリックスを作成します。縦軸には豚肉、牛肉、鶏肉、ひき肉、魚としています。横軸に洋食、和食、中華にし、15マス作成します。そこに日付を入れていきます。
1日目、豚肉を使った洋食はポークソテー、2日目は牛肉を使った和食なので、肉じゃが・・・というように主食を考えます。我が家の場合、汁物は味噌汁と決まっています。子供たちは豆腐が入っていないと嫌がるので、豆腐は必ず入れます。豆腐だけでは栄養面が気になるので、野菜やわかめなどの具材を主食で使用しなかった2品は入れるようにしています。
このような方法になったのはまず、子供が味噌汁が好きなので、ご飯と味噌汁とおかずが我が家のスタイルとなりました。
マトリックスを使うようになったのは、会社でシステム開発をしていて、資料によくマトリックスがでてきて、網羅性などを見るのに使用していて、これを献立考えるのに使えるのではないかと思ったのでやってみました。私自身が理系なので、マトリックスなど表など見るのが好きなこともあり、この方法が気に入っております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後の事例のマトリックスにする方法は、斬新ですよね。
私はこの方法で暫くトライします。
みなさんも使える方法は見つかりましたか?
がんばりましょう!

関連記事

毎日おいしい高血圧の減塩レシピ

野菜を沢山使った美味しい料理の作り方

魚嫌いなお子さんが魚を美味しく食べてもらうことができる料理

おせち料理の定番

おせち料理の定番はどれですか?あなたのお家の定番おせちを教えてください!

おせち作るおしゃれに見せる方法

おせちを作る時におしゃれに見せるための方法

正月料理おせち以外

お正月の料理でおせち以外に何を作りますか?