毎日おいしい高血圧の減塩レシピ

皆さんは塩分の取り方はどうですか?
日本の料理は、味噌汁や醤油をかけて食べる料理が多く、つい塩分を取りすぎてしまいます。
色々な事情で減塩しなければならなかった方々から減塩料理を教えていただきました。
ご自分の状況に合わせてご覧になってください。



豆乳入りのお味噌汁で減塩した事例

東京 女性 まにゃさん 20代

父が元々高血圧のために実家では母が基本的に全て減塩の料理を作っていてそのせいか私が一人暮らし始めたときからも減塩には気をつけるようにしていました!我が家のお味噌汁は基本的には出汁を使わず豆乳と味噌少々でとっても美味しいお味噌汁が出来ちゃうのでいつも豆乳お味噌汁を飲んでいます。出汁も使わないしお味噌も通常のお味噌半分しか使わないのにとってもまろやかな味付けで大豆成分も沢山取れて健康にもいいのでおすすめです。

醤油の代わりにお酢で減塩した事例

熊本県 女性 ふみさん 30代

採血結果で脱水傾向にあったことや知り合いが腎臓を悪くしたことで塩分控えめの料理の大切さを感じるようになりました。ドレッシングなどカロリーを抑えると塩分が多くなると腎臓を悪くした友人に聞き、カロリーは気にせずにドレッシングを選んでかける量を減らすようにしました。また、酢などを使って生姜焼きや肉巻き、鳥の煮物などを作るようになりました。酸っぱさがあるので醤油をほとんど入れなくても味があって満足できます。

減塩醤油を使った事例

沖縄県 女性 aさん 20代

むくみが気になりダイエットを始めて、でも麻婆豆腐が食べたかったので、麻婆豆腐を作る際に使う調味料を減塩タイプにしたら、意外と美味しくできました。材料は普段のものと同じものを揃えます。そのかわり、醤油や塩などは減塩タイプを選ぶことです。それだけで、ダイエット麻婆豆腐ができちゃいます。この麻婆豆腐を食べるようになってから、むくみが少し減りましたし美味しいのでダイエットしてる感がありません。とにかくおすすめです。

甘い野菜で減塩料理を作った事例

大分県 女性 M.Dさん 40代

旦那が高血圧と診断されて減塩料理を作るようになりました。最初の内は、ただ塩を減らしていました。美味しくないと満足しないということで思いついたのが、甘い野菜を使った調理法です。野菜の甘味で味覚を感じられるので塩味を感じなくても大丈夫になるのです。オリジナルレシピではないですが、炒飯を作る時には必ず「パプリカ」を入れます。すると「パプリカ」の甘味で満足するので塩や醤油が少なくても美味しい美味しいと言って食べるのです。味噌汁には「カボチャ」や「サツマイモ」を入れます。味噌の量を減らしても「カボチャ」や「サツマイモ」の甘味で満足するようです。料理のレパートリーが少ないので使う食材で美味しく減塩を心がけています。

鶏肉のダシで減塩料理を作った事例

熊本県 女性 うさみさん 30代

父が糖尿病になったのがきっかけです。
レシピはポトフなのですが好きな野菜に少しだけ鶏肉をいれて水を入れて暫く煮て野菜と肉からだしをだします。その後はコンソメを入れるだけなのですが凄く薄味だけど野菜と鶏肉の味がそのまま感じることができて美味しいです。あと、は豆腐ハンバーグやピーマンの肉詰めの中のお肉を木綿豆腐に変えて食べる時はポン酢を少しだけかけるだけも結構減塩になってると思います。それかポン酢をかけないでピーマンの肉詰めと豆腐ハンバーグを少量のコンソメで煮て味をつけるとポン酢みたいにあとでポン酢をかけたす事もないので減塩におすすめです。

減塩醤油と野菜の甘さで減塩料理を作った事例

神奈川県 女性 あきさん 20代

今後、体調を維持するために減塩料理を作るきっかけになりました。
オススメなレシピは肉じゃがです。
食材を1口サイズに切り肉を炒めます。
痛め終わったら玉ねぎをいれて、じゃがいも、人参、さやえんどうを入れます。
水も入れて沸騰したら味付けをしていきます。醤油とみりんとお酒と砂糖で味付けをします。
その時に醤油は減塩醤油を使用します。
減塩だからちょっと味が薄いのかなと思いがちですが、野菜本来の甘さも出やすいのでオススメです。20分ほど煮込んだら完成です。

鰹や炒子のダシの味だけ味付けした事例

兵庫県 女性 akさん 50代

もちろん健康のためですが。私は塩分を控えなくてはいけない病気にかかってしまったので全くといっていいほど【塩】を使いませんが、私の減塩料理は出しを良く出すことです。鰹節とかいりこなどを使って、出しを濃く出すと、どんなお料理も美味しく頂けます。出汁だけで、煮物や炒め物をして下さい。醤油も塩も使いません。塩を使わないといけない料理には塩の代わりにごま油やお酢を代わりに使えばいいと思います。塩を使わない方が野菜の本来の味が出ていいですよ。

塩味の代わりにお酢で味付けした事例

福岡県 女性 わらじさん 30代

いつも減塩料理を作っているわけではないのですが、某テレビ番組で入手した情報の信憑性を確かめたく、作ってみた経験があります。それはサラダに使うドレッシングなのですが、塩味代わりに酸味を多めに利用すると良いそうで、実際に作ってみたところ、割と美味しいと感じました。
酢は脂肪軽減の効果もあるそうなので、オススメです。私の場合は、自宅にあった穀物酢を利用しましたが、酢が苦手と感じる方であれば、フルーツビネガー等も良いのではないかと思います。

使う調味料の量を減らした事例

福島県 女性 alohaさん 20代

減塩料理を作ることになったいきさつは、父が病気をしてしまい料理の味の好みが変わってしまったということと、母が元々薄めの味付けが好みだということです。
普段の料理の味付けを全体的に調味料を減らしたり、使う調味料(例えばマヨネーズや醤油等)を減塩のものを選ぶようにしています。主に、自宅で多い減塩料理はそぼろとたまご丼です。そぼろの味付けも少量の塩コショウ、たまごも醤油数滴で、特に丼の上に何かかけることはありません。

野菜とキノコだけでダシを取った事例

大阪府 女性 ブビさん 40代

父親が心臓が悪くなった時にいかに美味しくできるのかというのを調べました。とにかく塩分の代わりになるのは、出汁を濃くとることが大事だとのことでした。いろんな野菜やきのこを小さく切って、たくさん入れるとそこからも出汁が出るので野菜たっぷりのスープが出来て、その中に豚をしゃぶしゃぶしたら、豚の出汁が入るのでそれでなんちゃって豚汁とかもできます。しゃぶしゃぶした豚はその後に生姜焼きにしてもいいし、そのままサラダにしてもいいということです。

まとめ

塩分がなくても工夫次第では美味しい料理が作ることができるようです。
野菜やキノコで作ったダシなどはとても美味しそうです。
減塩をしなくてはならない方、普段から健康に気をつけている方は是非参考にしてみてください。

関連記事

お弁当おかず作り置き

お弁当のおかずの作り置きしてますか?

魚嫌いなお子さんが魚を美味しく食べてもらうことができる料理

ちらし寿司盛り付け順番

ちらし寿司の盛り付けの順番はどうしてますか?

おせちを作る?買う?

おせちを作る理由、買う理由。あなたはどっちですか?

おせち作るおしゃれに見せる方法

おせちを作る時におしゃれに見せるための方法

お弁当簡単早い

お弁当の簡単に早い作り方 忙しい朝でも大丈夫!