野菜を沢山使った美味しい料理の作り方

食事に欠かすことのできない野菜ですが、1度に沢山食べるのは難しいですね。
また、野菜嫌いなお子さんに食べてもらうのも大変です。
そのようなご家庭の方に、野菜を沢山使った美味しい料理をご用意しました。
是非ご覧になってください。



肉なし野菜カレーで野菜を沢山食べるレシピ

愛知県 女性 やっこさん 30代

ツナキーマカレー
みじん切りにしたタマネギ、ニンジンをレンジにかけ、耐熱容器に入れてピーマン、コーン、ナス、カレー粉、ツナ、ケチャップ、ウスターソース、小麦粉を加えて混ぜ、ラップをして更にレンジにかける。
バターを加えて余熱で混ぜる。
好みで目玉焼きとパセリをトッピング
加える野菜は上記以外にも冷凍庫にあるものなら何でもいい。マッシュルームやズッキーニなど。
肉を使ったカレーよりも軽く食べることができる。家族が市販のカレールーが脂っぽくて苦手なのだが、これなら美味しく食べられるらしい。
作るのもレンジ調理なので楽。

フランス郷土料理の野菜を沢山食べるレシピ

東京 女性 mさん 30代

我が家でよく作る野菜たっぷりメニューは、ガルビュールです。ガルビュールは野菜とベーコンや生ハムを入れて煮込んだフランスの郷土料理です。
野菜嫌いでも食べられるので小さな子供や男性でも食べやすいやさしいスープです。
◆レシピ◆
・余り物の野菜
※キャベツや根菜類など何でもOK
・生ハムやベーコン
・水
・コンソメ
・塩コショウ
・パセリ
・ローリエ
・オリーブオイル
野菜を全てみじん切りにします。細かい方が食べやすいです。
生ハムやベーコンも野菜に合わせて小さめに切ります。
手でちぎってもOKです。
鍋にオリーブオイルをひき、野菜を炒めます。
※ベーコンを使う場合はここで一緒に炒める。
油が馴染んだら野菜がひたひたになるくらいの水とコンソメ、ローリエを入れて煮込む。
野菜が煮えたら塩コショウで味を整える。
生ハムを使う場合はここで生ハムを入れる。
器に盛り、パセリを散らして完成です。

鍋料理で野菜を沢山食べるレシピ

三重県 男性 AGさん 50代

もつ鍋やアンコウ鍋などの食材をふんだんに使った鍋料理です。スープはスーパーなどで販売されている鍋用のスープでいいし、それだけでも何種類も味を楽しむことができます。具材はネギ、ニラ、キノコをはじめ、ニンジン、しいたけ、春菊、水菜、みつば、モヤシなど本当に多くの野菜を堪能できる。子どもが小さな時はあまり好まれなかったが今ではたくさん食べてくれる。シメには野菜の旨味がいっぱい詰まった雑炊やうどんやラーメンなどの麺類も食べることができます。

牛すじと野菜のカレーのレシピ

兵庫県 女性 こゆきちさん 30代

我が家の野菜たっぷりメニューで、家族が大好きなのは、野菜たっぷりカレーです。
入っている野菜は、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、なす、ピーマン 、パプリカ、トマトなどです。
油を熱した鍋ににんにく・しょうがをいれ、たまねぎがアメ色になるまで炒めます。そして、お肉(我が家は下茹でした牛すじ)、残りの野菜をいれていため、さらに、りんごのすりおろしを加え、水とローリエを入れて煮込みます。野菜がやわらかなったらカレールーを入れて再び煮込んだらカレーの出来上がり。器にごはんとカレーを盛り付け、トッピングに茹で卵、ゆでおくら、揚げれんこん などを乗せると、野菜たっぷりカレーの完成です。
野菜もたくさん入っているし、家族も喜んで食べてくれるので毎回大量に作って、みんなおかわりをしてくれます。

チクワと野菜のかき揚げで野菜を沢山食べるレシピ

大分県 女性 かき揚げお勧めさん 40代

かき揚げです。ゴボウとか人参とか芋とか千切りにしてちくわの細切りと一緒に小麦粉を水で溶いた衣に付けて油で揚げます。色が変わったら出来上がりです。ちくわの塩味があるので味付けは必要ありません。この料理は家族もそうですが友人の家族にも喜ばれてたくさん作ったらあげています。メインのおかずではないようですが、ちくわが入るだけでメインになるし、野菜のサクサク感とちくわのしっとり感がたまらなく美味しいんです。たくさん作っても1.2日でなくなってしまう我が家の人気メニューです。

具沢山の野菜スープのレシピ

埼玉県 女性 N.Tさん 30代

具沢山野菜スープです。野菜(玉ねぎ、にんじん、キャベツ、じゃがいもなど、お好みのもの)を角切りに切って、鍋で野菜を炒めます。玉ねぎから入れて軽く塩をふって、透き通ってきたらにんじんとキャベツを入れて、さらに炒めます。しんなりしたら具がしっかり浸かる分の水を加えて沸騰させ、灰汁を取ります。その後弱火にしてからコンソメ(固形状なら半かけ)を加えて20分ほど煮込んでから、じゃがいもを入れ、火が通ったら、最後にベーコンを入れて、軽く煮込めば完成です。手順は簡単で味付けもごくシンプルですが、炒めることで野菜の旨みがグッと増して、塩少しとコンソメだけで、十分深みのあるスープになります。野菜もくたくたになって、たくさん食べられますし、家族もおいしいと言って喜んでくれます。

土鍋でたっぷり野菜を煮込んでいただくレシピ

京都府 女性 ヒッキーさん 60歳以上

野菜をたっぷり摂るには煮込むこと。出来るだけ彩り良くくったりするまで土鍋で煮込んでください。
我が家の定番煮込みは白菜、人参、しいたけ、しめじ、えのき、ネギ、水菜などを豚バラ肉と一緒にグツグツ煮込みます。白菜の代わりにキャベツや大根でもいいし、冷蔵庫のあまり野菜や春雨を加えても良いです。たっぷりの野菜に豚バラ肉の旨味が染み込んでとても美味しく頂けます。味付けはお好みで。うちではブイヨン+濃縮出汁が人気です。

余り物の野菜でもOK!たっぷり野菜のチャプチェのレシピ

東京都 女性 マッキーさん 20代

たっぷり野菜のチャプチェ
春雨、しいたけ、にんじん、ズッキーニ、キクラゲ、玉ねぎ、ニラ。全部細切りにします。茹でて水、しょうゆ、砂糖、ごま油、コチュジャン入れて炒める。
辛い物がダメでコチュジャンが食べれない人はコチュジャンの代わりにみそを加えても味を調えることができます。日本風になるポイントです。生卵トッピングしてもとても美味しいです。冷蔵庫にある野菜を入れてできるのでおすすめです。子供がとても好きです。

たっぷり野菜のドライカレーのレシピ

愛知県 女性 ymさん 20代

ドライカレー。
ほんのりピリッとしたカレーの味が野菜の独特の味や匂いを消してくれて、旨味だけが旨く溶け込むのでとっても美味しいです。
ルーは丸ごと食べられるため、溶け出した栄養素も余すことなく摂取できます。
作り方は玉ねぎやにんじん、野菜庫の残り野菜をみじん切りにして、カレー粉とミンチ肉を混ぜ合わせるだけです!
家族からの評判もよく、基本のルーに甘めを加えたり、お肉の代わりにお魚を入れたりもします。
隠し味にちょっとオイスターソースを入れると味に深みが出ておすすめです。

野菜とポークで美味しくいただくレシピ

東京都 男性 rockenotaさん 30代

野菜をたくさん使った美味しい料理といえばゴーヤチャンプルーですね。一人でも家族でもおいしく食べられます。
簡単な作り方は、ゴーヤーは食べやすい大きさにカットしていためます。ゴーヤーの苦味が苦手な方は、ゴーヤーを少し炒めすぎるぐらいがちょうどいいです。苦味がすこしおさまります。
次にお肉としてはSPAMなどのポーク、または豚こまでもいいと思いますので炒めます。
他の野菜としては、キャベツ、ニンジンを普通の野菜炒めのようにお好みでカットして炒め、島豆腐または木綿豆腐も一口サイズで炒めます。チャンプルーなので色んなものが入っていても大丈夫でしょう。
味付けは塩、胡椒、鶏ガラ、しょうゆを大さじ1程度いれます。ポークがある場合は胡椒と鶏ガラぐらいでじゅうぶんです。
最後に卵をといて炒めれば完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
工夫次第では野菜を沢山食べてもらえるレシピがありますね。
今までのレシピにひと工夫すればできるのもありそうですね。
是非参考にしてみてください。

関連記事

おせち料理の定番

おせち料理の定番はどれですか?あなたのお家の定番おせちを教えてください!

お弁当おかず作り置き

お弁当のおかずの作り置きしてますか?

正月料理おせち以外

お正月の料理でおせち以外に何を作りますか?

おせちを作る?買う?

おせちを作る理由、買う理由。あなたはどっちですか?

毎日おいしい高血圧の減塩レシピ

ちらし寿司盛り付け順番

ちらし寿司の盛り付けの順番はどうしてますか?